HOME> ホストニュース> 独占インタビューニュース> ニュース詳細
独占インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スペシャル企画】メンナク初登場!名古屋ホストクラブMEN'S『楓』独占インタビュー!



楓(KAEDE)From NAGOYA
5月23日生まれ。173CM B型
名古屋最大勢力STYLISH GROUP MEN'S社長を務める。
業界紙でも東海勢初のピン表紙を飾るなど東海から全国への気持ちは人一倍強い。




メンズナックル初登場のMEN'Sの楓。
名古屋だけでなくホスト自体の意識を変えようと従業員の教育に定評のあるグループとして名高いSTYLISH GROUP。
そんな楓と今度STYLISH GROUPの顔になるべく男ゆーらとスペシャル対談が実現!
楓の思う理想のホスト像や今後の展望など、他では見られない楓がここにはある!



メンズナックルホスト 


歌舞伎町、名古屋。地域性のホストの違い

楓●あくまで僕の意見なんですけど、歌舞伎町のお店は『個の力、個の能力が凄い強い方が多い』なと思いますね。一人ひとりののアイドル性とかスター性で自分をセルフプロデュースして、売出して、それによってお店の知名度に繋がっていくっていう。ホスト発信というかプレイヤー発信でそこにお店がついてくるっていうイメージがありますね。
名古屋は逆で『個というよりも、ずば抜けて有名な子って少ないと思うんですよ。それよりもお店で、チームワークで戦うようなイメージが強い』ですね。
だから1000万プレイヤーって歌舞伎町ってたくさんいると思うんですけど、名古屋って1000万プレイヤー1人っていうよりも100万円プレイヤーが10人の店のが多いと思いますね。
そこが違うよね?チームワークだったり、ホストやってて思わない?

ゆーら●そうですね。本当にチームワークっていう意味ではずば抜けてるかもしれないです。僕も元々ホストを始めた理由がホストじゃなかった僕を今の店舗の社長に口説かれて入店させてもらったんですけど、普通の人生じゃ経験できないようなことばっかりさせて頂いてる。


楓●特に今日(このインタビュー)ね(笑)?

ゆーら● はい!特別楽しませてもらってます!




--編集部:新人の方が入ったら必ず教えることはありますか?

楓●うちのグループは『新人教育プログラム』っていうのが確立されてるんですよ。それが9段階あるんですけど、それをクリアしないと新人期間が卒業できないんです。

ゆーら●僕が入った時にはまだなかったですね。

楓●まだゆーらが入った2年位前は、ある程度ノリでやってた部分があったかもしれないですね(笑)





--編集部:名古屋のホストクラブさんって同業付合いってされますか?

楓●僕は名古屋のホストさんとあんまりなくて、元々僕だけじゃなくてあんまり名古屋ってないと思うんですよね。歌舞伎町の方とはプライベートで遊んでますね。名古屋のホストさんとはプライベートで遊んだことないかもしれないですね。

ゆーら●僕も他店舗さんはわからないんですが、同じ店の"太陽"は凄いと思います。後輩なんですけど。入ったとき全然期待されてなかったんですけど、いきなりNo.1になって。本当に真面目で頑張り屋さんで本当に凄いなとおもいました。


楓●ああ。凄い真面目だね。売れるためにはいっぱい要素あると思うんですけど『一番は人間性』だと思うんですよ。見た目とか技術があっても結局人間性が整ってないとお客様が長く続かないと思うんですよね。なんで男は中身じゃないけど今の時代だからこそ中身を磨いていかないと。
"正直今の時代、誰でもかっこよくなれる"じゃないですか。ファストファッションだったり、携帯もビューティープラス(アプリ)で撮ればある程度かっこよくなるじゃないですか。
だから、そういうところにあんまり価値がなくなってると思うんですよ、ある意味ですけど。もちろんファッションとか見た目がかっこいいことは大前提で、そこから更に中身でどれだけ差がついてるか人としての魅力というか男の器というか。そこが売れるために今後は必要かなと。特に名古屋のホスト界はこんな感じだと思いますね。
そういう意味でもこいつ(ゆーら)はまだまだオコチャマです(笑)
まあ僕含め、まだまだみんな日々勉強中です。
メンズナックルホスト 





ファッションについて

--編集部:何か参考にしているものだったりあるのでしょうか?

楓●これといったものはない。色々みてそこから少しづつ吸収していくみたいな。昔からなんですけど、新しいもん好きなんですよ。あとは色々やりたい。だから新しいものがすきなんですけど、色々やりたいんで、「いや、今それ流行ってないでしょ」みたいのを着てたりとか結構あります。ゆーらは?

ゆーら●僕は韓流が好きですね。今日もそっちよりの服装してますけど、今の流行でもあると思うので流行に乗っていこうと思ってます(笑)

楓●みんなにはホストとして清潔感が大切なんで、服装もしかりホストに繋がることはシッカリ教えようと思ってます。



--編集部:オシャレなホストとして"櫻遊志"さんが上げられますよね。楓さんも仲いいと思うのですが、遊志さんのことはどう見えていますでしょうか?

楓●正直お会いするまではそんなイメージなかったんですけど、凄い人間味があって凄い考えてるんだなって思いました。彼の存在があって"ネオホスト"っていうのが確立されたっていうのがあって本当にありがたいなって思いますよね!
世の中の、ホスト業界に対する敷居がいい意味で下がったというかだれでもホストに馴染めるような感じの窓口になってくれてるんで。
僕は名古屋なんでちょっと場所は違いますけど遊志くんが活躍してくれてるから「ホストってオシャレだよね。」「かっこいいよねっ」て印象になってますよね。だから凄い感謝してますね。




--編集部:遊志さん含め、歌舞伎町のホストさんと遊ぶときは何を話されるんですか?


メンズナックルホスト 

楓●仕事の話を全然しないですね。本当に友達って感じです。彼らも自分の店がどうだとか自分のお客様がどうだとか言ってきたこともないし、もちろん僕も言わないですけど。でもなに喋ってるんですかね。他愛のないことでしょうね(笑)

ゆーら●接客とかって歌舞伎町ってどうなんですか?

楓●その話をしないからわかんないんだけど、『名古屋は歌舞伎町と関西の中立の接客』って言われるよね。



--編集部:ということは調度いい感じなんですかね?(笑)

ゆーら●でも僕の店舗は、グループで一番ワイワイ系なんですが、僕はその中でも一番ワイワイ系で叫んだりしてます(笑)

楓●叫んでるよね(笑)。でもうちのグループも色々な色の店舗があるんですけど、関西ノリでもないですし、かといってシッポリな訳でもないですし。だから総合的な言い方しちゃうとまぁちょうどいい感じですよね。





今後のホストについて

楓●僕的に言うとちょっと大きい話になっちゃうんですけど、僕がホストに入った時って本当にダークなイメージがあって、最近はメディアのお陰もあって、よりカジュアルな感覚になって誰にでもできるような職という位置まで世間的にも認められるような業界になってきたとは思うんですよね。
ただ、こっから本当にホスト業というものを通じて人生的に自分がどうなるのか。世の中の若い人たちには、ホストかっこいいな、オシャレだな。いいな!やってみよう!っていう間口は広がったと思うんですよ。
でも、ここからはじゃあ実際ホスト業に取り組んだらどうなるのか。っていう中身の部分ですよね。結局側の部分というか、外見の部分はある意味成熟していると思うんですよ。ナックルさんもそうですよね。ファッションモデルの子がホストだったり。そこまではきてると思うんで、その次ですよね。
僕も、グループで大切にしてることが、そうやって入ってき18・19、ハタチの子たちをホスト業を通じてどういう男に育てていくのか。将来ホスト上がった後まで通用するような。若いうちの思い出作りで終わって欲しくないって僕よく言うんですけど、本当に色々なこと学べると思うんですよ。
接客を通じて上下関係から一般常識から気遣いまでいろんなことを総合的に学べる仕事だと思うので、この仕事を頑張って追求していけば、何かしら人生的にプラスになって何かしらの将来に繋がると思ってて、その内側の部分を磨くような世界になっていけたら若い子がホストで育って世に出て行く。そんな業界にしたいですよね。




メンズナックルホスト 

--編集部:その為にはどうしていきますか?


楓●やっぱり、上に立つ者の考え方と、ホストをホストで終わらせないっていう心意気というか。そこが一番大切だと思ってて。 正直今ホストの仕事をしてるしてないに関わらず、女性に接客をしてお金をもらえるっていうのは人生80年あっても20〜30歳の10年位な訳で、その先の人生の方が遥かに長い。
この、女の子と話してお金を稼ぐ!っていうことよりも大切なことっていうのはもっと他にあって、いかにそれを通して人として成長できるか。『人間力』ってうちのグループではよく教えてるんですけど、人として社会に出ても力強く生き抜いていく力。それを上の人が、どれだけ教育出来るかだと思うんですよね。なんで必要なことはグループとして、上司として、『教育力』だと思いますね。

ゆーら●僕も本当に人として成長できたと思いますね。当たり前かもしれないけど、歩きタバコとかツバを吐くなとか。だからそういうのをしている人を見ると、あー。教えてくれる人いないんだ。って思います。





楓●グループとしては、ホスト業を通じていかに人生を豊かにするか。これがテーマなんですよ。ホストをホストビジネスとして捕らえた時に、例えば彼(ゆーら)が30歳になった時には、新しい18歳の子が入ってくるわけですよね。
冷たい言い方ですけど、需要がなくなければそこでお別れだと思うんですよ。じゃあ次の世界でも頑張ってねって。それで新しい18歳の子にまた教育して、その子が30歳になってまた18歳の子が入って・・・。このサイクルが続くのがホストクラブだと思うんですよ。
でも、ウチのグループが大切にしてるのは、ホストだけで終わらない。その組織作りというか。先に繋がるような、例えばスタッフ達がホストを通じて人生を豊かにする。そこまでをやりたいんですよ。そういうような展開をしてお互い40〜50歳になっても、あの時ホストやってがんばってたなー、あの時があるから今があるよなーって言い合えるような。
今グループ全体で200人位いますけど、それをやることでどんどん数が増えていく。結局10年だけの仲間だと、どんどん入れかわり立ち換わりで20年後には全員違う人だと思うんですよ。上の何人かが同じなだけで。
これじゃホストビジネスで終わっちゃうと思うんですよ。そこにはあまり魅了がないなと僕は凄く思うんです。ホストビジネスのその先のがむしろ大切だと思ってます。 もちろん人生豊かっていうのは金銭面だけじゃなく考え方とかグループ入ってよかったなとか、言って貰えるようなグループにしたいですね。

ゆーら●そんな考えを持ってる社長でも改善点などあるんですか?


楓●毎日考えてる、日々反省改善を毎日することが答えかなと。どういう形をとっても結局問題は生まれると思うんですよ。でもその改善を止めたら終わり。毎日2時間くらいは反省改善に当ててます。


ゆーら●僕も毎日MTもあるし反省ばかりしてます。ワイワイすぎて怒られる事もあるので。。お客様も僕達のワイワイノリじゃないお客様もいるのでそういうのは見極められるようにならないといけないですよね。
メンズナックルホスト 

楓●売れてない時ってゆーらはどうやってお客様にアピールしたの?

ゆーら●オシャレですね。入った時がダサすぎたっていうのもあったけど、楓社長とかみてその頃は凄いカッコだなと思ってたけど、いまだったらまねしたり、ああいう着方もあるんだとか毎日勉強してます。





楓●でも今は安いお金でも努力さえすればかっこくなれる。今の世代の子たちっていうのはお金がなくても幸せに生きていける世代って分析していて。これからっていうのはオシャレだからどうだとかオシャレだからなんだとかそういう話じゃないと思うんですよ。
おしゃれであることがスタンダードになっていきます必ず。さっきの遊志くんの話じゃないですけどホストならこうなれるんだ。って。実際なってる人がいるんで。それに憧れた人が入ってきて、さらにそれに憧れた枝がいて。来年くらいには業界はそういう子達で溢れかえってると思います。
問題はそうなった後。だからファッションを突き詰めて追求して、ゆーしくんとかは別ですけど、そういう使命感をもってやっていると思うので、例えば日本一オシャレになったとしてその後どうなるのか。おしゃれになってくれるのは嬉しいけど、人間味ももっと成長して欲しいというかね。


メンズナックルホスト 

ゆーら●本当にホストをするのには一番環境も整ってる。上の方達の教育も凄い優しく教えてくれる。社長達と話してると今やめたらもったいない。って必ず思う。ホストするなら一度きてほしい

楓●僕はプレイヤーの時はすごい利己的な人間でしたし、考え方が180度変わりましたね。自分のために、お金稼ぎたいからとか有名になりたいからとか利己的な発想で働く事がなくなりましたね。だからいくつになっても成長できるから、どんどん若い子には挑戦して欲しいですね。




▼楓インスタグラム
@menskaede











posted by
ホストクラブのニュースや求人などの店舗情報をお届け!
No.1ホストまとめサイト
MEN'S KNUCKLE HOST  /  メンズナックルホスト

ホストニュース | 店舗リスト | ホスト個人 | ホストブログ | ホスト求人情報 | ライター一覧 |

新掲載店舗